ナルとひなたぼっこ

naruhinalo.exblog.jp ブログトップ

帰省

b0076733_0344934.jpg

(↑車からの画像ですが、実家から歩いて5分位の場所です。↑)

b0076733_0344913.jpg

(↑両石の海本当はキレイに並んでいるはずのブロック↑)

岩手県釜石市にある実家に帰省しました。

実家は門のすぐ前まで津波が来ましたが、本当に運良く、ギリギリ大丈夫でした。

だいぶ復旧してきたと言われておりますが、少し行くと瓦礫の山や道路にはみ出した家がまだそのままで…

釜石駅を境に全然風景が違います。

駅の並びにあるスーパーで買い物をした後、両石と鵜住居地区を見てきましたが、鵜住居という場所は私の高校があった場所で、校舎は合併の為に数年前に無くなりましたが、通学路だった風景は妹に言われるまで気づかない位変わり果てていました。

海沿いの町の両石は、とても大きな堤防が倒れていました。

全体的に感じたのは、町中が以前にはなかった異様な感じの海の匂い。
海水浴に行った後の水着やら浮き輪に付いた匂いに近いかな…


信じられないような光景が続き、津波にのまれた町の復旧はまだまだだと感じました。


私の母は、実家の2階で津波が迫ってくるのを見ていたそうです。
自分の家まではまさか来ないだろうという安心感から、逃げなかった両親。

……平和ボケか……?

両親の安否は、3月15日に姉からの電話で確認できましたが、
姉夫婦は、震災から2日目に、
釜石駅までしか車が通れなかった為、そこに車を置き、
瓦礫の山を歩きながら実家に来たそうです。

妹は、5日位経った日にやっと職場から戻ってきて、
同じように釜石駅に車を置き、瓦礫を乗り越えて帰宅。
実家に両親がいなく、ベソかきながら家の周りをグルグルまわって両親を探していたら、
お隣のおばさんが「2人とも無事よ~!」って教えてくれて、
置手紙をして姉の家に向かったそうです。

大変な思いをしたんだね。。。

岩手県釜石市、いつか復興する日を願っています。
[PR]
by naruhinalove | 2011-05-02 00:34
line

フレンチブルドッグのナルトとひなたの愛の劇場?


by naruhinalove
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31